白髪染めをする前にパッチテストをしましょう

ある程度の年代になって頭の白髪が気になり始めたら、白髪を染めようと思っている人もいると思います。そこでここでは、白髪染めをする前にお勧めしたいパッチテストについて、お話していきたいと思います。

 

通販では天然由来成分のみで作られた無添加の白髪染めもありますが、それでもパッチテストは必要だと思いますし市販のものを使うのであれば、尚更パッチテストは必要です。多くの白髪染めには科学物質や刺激の強い添加物が配合されている場合が多いですから、使用前にアレルギー反応が起きないかどうかを確認するためにも、パッチテストは行わなければなりません。アレルギー反応としては湿疹や皮ふのかぶれが起きやすいそうですが、重篤な場合は呼吸困難のような、命に関わる症状を起こすケースもあるようです。これらのケース以外にも白髪染めの使用により、身体に何らかの異常が出ないかを確認し、白髪染めを使っても大丈夫かを確かめるためにも、パッチテストは必要不可欠なのです。

 

白髪染めによるアレルギー反応は、使い始めてから突然起きるケースもありますので、面倒でも毎回使用前に必ず行うことをお勧めします。テストには2日程かけるのが最適とされていますので、2日前に行うのが理想的です。手順は白髪染めの染液を綿棒或いは脱脂綿につけ、肌の内側等の皮ふの薄い柔らかいところに、10円玉大の範囲に塗布するという順番になりますが、複数の薬剤を混ぜなければならない場合は、金属以外の容器に入れて混ぜるようにしてください。塗布が終了しましたら、そのまま触れないように自然乾燥させた後、2日間48時間放置するのですが、塗布した部位は塗布後30分後と、48時間の2回観察するようにします。皮ふの堅い部位につけないようにしましょう。またパッチテスト中は塗布した部位を濡らさないように、入浴は極力控えるようにしてください。もしどうしても入浴する必要がある場合は、絆創膏を貼るかラップやビニールを巻く等して、塗布された部位を濡らしたりこすったりしないよう、十分注意する必要があります。

 

また染液は頭皮に触れるものですから、肌の調子が悪い時や体調が悪い時、或いは生理中の女性の使用には十分注意し、心配な場合は使用をしないようにしましょう。少しでも異常らしきものが表れた時には直ちに染液を洗い流し、その薬剤は決して使わないようにしてください。自分だけでするのが心配という人は、皮ふ科でしてもらってもいいと思います。

 

おすすめ白髪染めランキング

(ページの真ん中くらいまでスクロールしてください)