白髪を抜くのは大丈夫?ダメ?

鏡の前にいる時等にふと白髪を見つけて、つい抜いてしまったという経験のある人は珍しくないと思いますが、一方で白髪を抜くと逆に白髪が増えてしまうという噂もあり、そんなことは嘘だと言う人もいますが、白髪というのは果たして抜いても大丈夫なのでしょうか。それともダメなのでしょうか。ここでは白髪を抜くことが、どんなところにどんな影響を与えていくのかについて、お話していきたいと思います。

 

まず白髪を抜くと白髪が増えるのかそうでないのかという話をしますと、実際には白髪を抜いても増えたり減ったりといったことは一切ありません。白髪が生えるのはメラニン色素をつくる働きが衰えることが主な原因ですので、髪を黒くする色素が供給されず髪の毛に色がつかないので、自然に髪の毛は白いまま生えてくるということになります。ですから白髪を抜く抜かないに係わらず、毛穴からは十分に色素が供給されなくなっていますので、何らかの対策をとらない限り、白髪は同じ毛穴から生え続けることになるのです。そのようなわけで、白髪を抜く抜かないが、白髪の増減に直接影響を与えることはないと言えるのです。

 

とは言え白髪を抜くことが、色々なトラブルの元になるのは事実ですので、決して白髪を抜いても構わないということにはなりません。白髪も1本の毛髪ですから、無理に抜くことで毛穴周辺の皮ふや毛細血管に傷がついて、毛のう炎というと呼ばれる頭皮の炎症を起こす可能性があるからです。毛母細胞が繰り返しダメージを受けることで、髪の毛自体が生えてこなくなる可能性も出てきますので、たかが白髪1本位でと思って抜くのは禁物なのです。それでもやはり白髪があるのは嫌だというのであれば、根元からハサミ等で切るか白髪染めを塗るか、どちらかにされることをお勧めします。どちらにしても白髪を抜くことは、決して白髪を予防することにはなりませんので、もし抜きたくなったとしても、その場の気ぶんで抜くのだけは避けていただきたいと思います。それよりもいかに白髪を減らして、なるべく生えてこないようにするための対策をすることが大切です。

 

先程もお話したように、白髪が生えてくるのは頭皮のメラノサイトの機能の衰えによって、メラニンを十分生成できなくなるためなのですが、そのメラノサイトが衰える主な原因は老化だと言われています。外的要因としては、他にも精神的なストレスや偏食・暴飲暴食等の栄養バランスの悪い食生活、夜更しや朝帰り等のための睡眠不足・運動不足等も、十分原因になり得ます。そのためには白髪をただ抜いているよりも生活習慣の乱れを正し、適度な運動と栄養バランスのとれた食生活によって、予防対策を地道に実践していくことを考え実行することが、何よりも大切になるのです。