白髪染めって副作用あるの?

白髪染めを使い始めるにあたって心配なのが副作用に関することではないでしょうか。特に初めて使う方にとっては、髪や頭皮、あるいは体への影響はとても心配されることです。
そこでここでは白髪染めの副作用についてお話します。

 

かぶれなどがある場合がある

皮膚が弱い方やアレルギーがある方は、皮膚が荒れたり、かぶれができることがあります。皮膚が痒くなったり、赤くただれたて腫れてきたり、炎症を起こすこともあります。使い始めて肌の違和感やピリピリ感を感じたら、肌に合わないサインかもしれませんので、使用を取りやめましょう。この原因は白髪染めに含まれているジアミンによるものです。ジアミンには、パラフェ二レンジアミン、フェ二レンジアミンなどがあります。色素の元となる成分ですが、健康への被害が懸念される成分なので注意が必要です。さらに発色剤のアミノフェノール、防腐剤のレゾルシン、脱色剤の過酸化水素などが含まれていることもあります。これらの成分は注意が必要なので、内容成分をよく確認しましょう。

 

ショック症状

稀なケースですが、アナフィラキシーショック、呼吸困難が起きることがあります。これらの症状は白髪染め液が肌についた時や、成分を吸い込んだ時に起こります。一時的に体が化学物質に反応して、ショック状態に陥ります。特に小さなお子様がいるご家庭では使用に注意しましょう。洗面所などに置いておくと肌に付着したり臭気が蔓延することもありますので十分に注意して使用しましょう。

 

発がん性など

髪染めに含まれる成分のジアミンなどには発がん性があるとも言われています。それほど確実性があることではありませんが、先ほど上げたような有害な物質が含まれた白髪染めは使用をやめておくのが無難です。また白髪染めのこれらの物質が体内に吸収される可能性が高い腎臓や肝臓の悪い人は使用を控えましょう。これらの有害な物質の毒性が臓器に蓄積しやすく、病気を招くことがあります。

 

使用を始める前に

副作用が気になる方は、使用前にパッチテストをかならず行うようにしましょう。これで少なくとも肌に合うかどうかは確かめることができます。そして体への影響が心配な方は、内容成分の表示をよく確認して有害な物質が含まれていないか確認してから使用し始めましょう。最近は、無添加で体に優しい成分の処方のものが増えていますので、なるべくそのような白髪染め商品を選ぶようにしましょう。