敏感肌の人向け白髪染めを選ぶポイント

敏感肌のかたにとって白髪染めの配合成分は気になるところです。肌がデリケートなので、すぐにかぶれや肌荒れを起こしやすい敏感肌の方は特に使用前に注意が必要です。 今回は敏感肌の方が白髪染めを選ぶポイントやおすすめ商品についてお話します。

 

敏感肌の方の白髪染め商品の影響

白髪染めの成分にはいくつか肌に影響を及ぼす可能性のある成分が含まれています。特にジアニン系の化学成分がその主たるものです。ジアニン系の成分が含まれた白髪染めには注意が必要です。特に敏感肌の方にとっては、家庭用の白髪染めとして市販される2剤を混合して使う白髪染めは、ほとんどの商品にジアニン系の化学成分が含まれています。この成分の影響でアレルギー反応が出やすくなります。肌荒れ、ニキビなどにも繋がると言われています。さらにこのような永久染毛剤が使用されるヘアカラータイプの商品は、薬剤が髪のメラニン色素に働きかけて、染料が髪の内部に浸透して白髪を染めていきます。そのため、薬剤が髪のキューティクルを開く役目があるので、開いたキューティクルがダメージヘアの原因となります。また頭皮からも必要な栄養分を奪い、乾燥や肌荒れを招きます。

 

敏感肌タイプの方にオススメの白髪染め

そこで敏感肌の方が白髪染めを選ぶなら次のようなことを注意しましょう。ヘアカラータイプの白髪染めは、大変効果が高く白髪染めとしては有効です。しかし、髪のキューティクルを開いて色素を染みこませるので、髪や頭皮にダメージを与えます。特に敏感肌の方は影響が出やすくなります。そこでおススメなのが、無添加トリートメントタイプの白髪染めです。トリートメントタイプなら、キューティクルを破壊せずに、髪の表面にカラーを入れていくので、髪にダメージを与えにくいです。そして髪に良い成分もたくさん含まれていますので、髪や頭皮に栄養を与え、頭皮の状態も整えることができます。天然成分が含まれているものが、特に敏感肌の方にはオススメで、昆布や植物など天然色素でカラーリングしていくことができます。これなら髪を痛めることなく、頭皮にも栄養を与えることができます。

 

敏感肌の方が白髪染めをする前に大切なこと

そして敏感肌の方は、まずは商品を使い始める前にパッチテストをすることが大切です。数か月に1回の頻度で行うとしても、毎回、パッチテストを行うようにしましょう。同じ商品でも、その時々の体調や季節によってお肌に影響がでることがあります。

 

おすすめ白髪染めランキング

(ページの真ん中くらいまでスクロールしてください)